りょう歯科クリニック

歯医者さんはなぜ通う回数が多い?

公開日: : クリニック日記

こんにちは。
りょう歯科クリニック院長のりょうこです。
今回の内容は
なぜ、歯医者さんには何回も通わないといけないの??
という疑問をお持ちの方に必見です
それにはいろいろな理由があります。
1.治療上、回数がかかる処置がある
2.難しい症例だから
3.保険診療上の制約
ではそれぞれ解説していきましょう。
1.について
治療が必要な部位が少なくても、来院回数が多くなることがあります。
それは、根の治療です。
ムシバが大きくて神経に及んだ場合、根の中の神経を取り除く治療が必要です。
一般的な流れでは
ムシバ除去→神経除去、消毒→根の中に詰めものをする→芯を入れる→かぶせ物を入れる
順調にいっても5~8回はかかります。
根の中の腐り具合では消毒を繰り返すことが必要なのでもっと回数が増えます。
この行程は一日で行うことはできず、また省略することもできません。
「根の治療が必要です」
と言われたら、少なくともそれくらいの回数がかかることを覚悟したほうがよいでしょう。
2.について
いわゆる難治性といわれる症例です。
たとえば、1.で記した根の治療については、消毒に時間がかかる場合があります。
一度痛くなったけど、痛くなくなったからいいや、と放置した場合、
難治性に移行することが多いように思います。
歯周病が重症で、年単位での治療が必要なこともあります。
かみ合わせが不安定で、義歯を作るのに時間がかかることもあります。
難治性の症例についてはまた別ブログでご紹介しますね。
3.について
これが一番患者さんにとって分かりづらい理由です。
カルテに不正請求などがないかどうか、ということを監視するシステム機関が
医療機関とは別に存在します。
疑いがあればそのシステム機関から呼び出しがかかり諮問されたりカルテチェックが入ったりします。
しっかり時間をとって治療をすると、不正請求をしていないのにその基準値を超えることがあります。
この基準自体も問題なのですが、そうすると呼び出しされる可能性が高くなります。
それを避けるため、一般的には治療時間を短く、来院回数を増やす、といったことが起こるわけです。
これは患者さんの目線に立った理由ではありませんので、歯科医院側も努力とコツが必要なのですが、
明らかに回転の速い治療は気をつけたほうがいいかもしれません。
※当医院では、その基準値に引っかかる可能性は少なく、
ライフスタイルに合わせた診療を心がけていますのでご安心ください。
いかがでしたか?
歯医者さんに通う回数が多ければ肉体的にも精神的にも金銭的にも負担が大きくなります。
気になったら我慢せずできるだけ早めに歯医者さんに行くことが、何よりも負担が軽くなる近道ですので、
是非迷っている方、この機会に歯医者さんを予約してみてはいかがでしょうか。

りょう歯科クリニックブログ

関連記事

誕生日♪

先日は誕生日を迎えるスタッフに、 診療終了後にどっきりでケーキを贈りました♪ 本人には気

記事を読む

クリスマスは…

こんにちは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 今日はクリスマスイブですね。 数日前からクリ

記事を読む

歯を抜く基準

部屋で育てている観葉植物が 新しい芽をたくさんつけてきました♪ 春が近づくにつれ希望が湧いてきます

記事を読む

自分磨き

先日、平日の夜はビールをやめ0.00%のものにかえました。 私の中では一大決心です 夜の時間を有効に

記事を読む

小さな発見

こんにちは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 最近は草木の成長が早いもので、 花壇にも雑草

記事を読む

「小児の歯肉炎・歯周炎」講演を終えて

こんにちは。りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 先日は、機会あって、タイトルの内容で講演会に出

記事を読む

まめ知識その3~赤ちゃんの歯磨きについて

こんにちは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 今回の豆知識は赤ちゃんの歯磨きです その前に

記事を読む

昨日は1日セミナー☆

ようやく風邪が治りかけて、あとは春が来るのが待ち遠しいわ 今日は寒かったですが、そんなすがすがしい1

記事を読む

ル レクチェ

こんにちは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 もう12月下旬ですね。 年末のご挨拶、年末に

記事を読む

看板について

こんにちは。りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 5センチくらい髪の毛を切ってもらって、 すっき

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
お引越し

りょう歯科クリニックのブログはHPの『お知らせ』のページと統合しました

モービル作りました

こんにちは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。

4月5月の診療について

こんにちは♪ 温かいと思えば寒くなったり不安定な天気が多いですね

幼稚園でセミナーをしました

こんにちは、りょう歯科クリニック 衛生士の大嶋です。 先日、地元

21日(祝)は診療しています

りょう歯科クリニックよりお知らせです。 3月21日(祝)は診療を

→もっと見る

  • できるだけ削らない・できるだけ神経をとらない・できるだけ抜かない

    1. 治療と予防が一体となったきめ細やかな治療を行っています。
      どうして歯や歯ぐきが悪くなったのか、を一緒に考え生涯にわたって再発しないようアドバイスをしていきます。
    2. できるだけ削らないように心がけています。
      初期むし歯は削らず予防でもって、何年もそのまま維持することが可能です。
      広がってしまったむし歯の場合、削る量を最小限に抑えてできるだけ健康な部分は残します。
    3. できるだけ神経を取らないよう心がけています。
      歯の中心を通っている神経をとってしまうと、歯はドライフラワーのようになり歯の寿命を短くしてしまいます。神経までむし歯が到達してしまうととらざるを得ませんが、その前段階でできるだけ持たせられるよう細心の注意を払ってむし歯の治療を進めるようにしています。
    4. できるだけ歯を抜かない治療を心がけています。
      重度の歯周病の方で他院で諦めてしまった患者さんも当医院は受け入れています。
    5. 義歯にも力を入れています。
      義歯の使用にメリットがある患者さんには、時間をかけてお1人おひとりに合った義歯をお作りしております。体の一部として働く義歯です。食べる楽しみを失うものでは意味がありません。快適に過ごすことができるよう手間ひまを惜しみません。
    6. そうはいっても症状により適切な処置として【歯を削る・神経をとる・歯を抜く】ことを選択せざるを得ないことがあります。そのときは納得するまで説明をしており、同意の下で処置を行っています。

    小さな診療室

    病院の規模が大きくなると、病院の管理が大変になります。

    歯科の診療は、患者さんごとに治療や予防法が違っていて、オーダーメードなものと思っていただければ分かりやすいかもしれません。
    マニュアル化できない仕事なので、いわゆる大量生産・オートメーション化はできません。

    そういう中で、規模を大きくすると、いろいろな面で歯科医師の目が行き届きにくくなり、治療の質が劣ることが予想され、それは避けたいと思っています。

    そのため当医院では小さな規模で、診療室の隅々まで目が届く範囲で診療を行っているのです。


  • 2020年2月
    « 6月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
  • QRコード
PAGE TOP ↑