りょう歯科クリニック

フロスの間違った解釈

公開日: : クリニック日記

こんにちは。

りょう歯科クリニック院長のりょうこです。

患者さんと歯磨きのお話をすると、よくこんな質問をされます。

フロス(糸ようじ)をするとつめものがとれてしまうんじゃないですか?

この質問、本当に多いです。

もしかしたら、そう思ってフロスをしていない方、たくさんいるのかもしれません。

答えはNO!です。

フロスでつめものがとれることは、正常な状態ならありませんビックリマーク

私、つめものが取れてしまったことあるよ!


っていう人、いるかもしれません。

けどそれは何よくない原因があったはずで

取れてよかったものなのです

たとえば、

つめものと歯の境からむし歯になっていた、とか。

つめものと歯は、セメントなどでくっついています。

そのセメントが何かの理由で溶けてしまった場合も外れます。

もしその歯がつめものの下でむし歯になっているけれど、

神経をとってしまっていて痛みを感じない場合は要注意です!

つめものが外れない限り、中でどんどんむし歯が進行して

気づいたときは手遅れ、ということもあります。

フロスによる効果目

・すみずみまで汚れを落とせる爽快感!

・むし歯や歯周病の予防!

そして

・見えないむし歯を早期発見!

フロスを使うことにたくさんのメリットがあることを覚えていてくださいね音譜

おまけ

フロスを通したときにつめものに引っかかってとれなくなったことがある!

という方へ

その対処法はこちらです。

・フロスは弓張りタイプと糸タイプがあります。

糸タイプがおすすめです。

・フロスを歯間に通すまでは通常通り。

通した後がポイント!

糸を持っていた片方を離して、持っているほうでスーッと抜いてください。

・弓張りタイプを使ってとれなくなってしまった場合

糸を切ってフロスを歯間からはずしましょう。

※引っかかっているのに無理やり力ずくでとろうとすると、

ちゃんとしたつめものでも外れることもあります。

セメントの接着力にも限りがありますからね。

ではでは、上手にフロスを使って健康(健口)ライフを送りましょうニコニコ

関連記事

フロスと歯間ブラシの使い分け

こんにちは。 りょう歯科クリニック 院長のりょうこです。 今、当医院の受付に飾られているもの、それは

記事を読む

免疫力

ようやく近所の梅も咲き始めて、春の訪れが感じられるようになってきましたね ただこの時期、気をつけない

記事を読む

花壇

こんにちは。 最近、めっきりお酒が弱くなっているりょう歯科クリニック院長のりょうこです さてさて、医

記事を読む

専門性

先日は、口腔外科の先生にお会いしました。 当歯科医院では、 一般歯科を掲げていますので、 例えば

記事を読む

IT

結局熱が上がり、昨日の仕事はお休みを頂いてしまいました。治らない自分にへこみます。 ところで、りょう

記事を読む

久しぶりの新潟

こんにちは。りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 この間、久しぶりに母校、新潟大学のある新潟へ行

記事を読む

2月の診療日

寒い日が続いておりますが、 皆さま体調など崩されていないでしょうか。 りょう歯科クリニックの2

記事を読む

no image

歯の治療と花粉症

こんにちは。りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 昨日、ウェザーニューズは、東京都と埼玉県、栃木

記事を読む

納涼会しました!

こんにちは、りょう歯科クリニック 院長のりょうこです。 先日、スタッフの誕生日のお祝いと 新しく入っ

記事を読む

歯周病の治療?中等度歯周病編

こんにちは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 今日もポカポカ陽気で気持ちよいですね さて、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
お引越し

りょう歯科クリニックのブログはHPの『お知らせ』のページと統合しました

モービル作りました

こんにちは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。

4月5月の診療について

こんにちは♪ 温かいと思えば寒くなったり不安定な天気が多いですね

幼稚園でセミナーをしました

こんにちは、りょう歯科クリニック 衛生士の大嶋です。 先日、地元

21日(祝)は診療しています

りょう歯科クリニックよりお知らせです。 3月21日(祝)は診療を

→もっと見る

  • できるだけ削らない・できるだけ神経をとらない・できるだけ抜かない

    1. 治療と予防が一体となったきめ細やかな治療を行っています。
      どうして歯や歯ぐきが悪くなったのか、を一緒に考え生涯にわたって再発しないようアドバイスをしていきます。
    2. できるだけ削らないように心がけています。
      初期むし歯は削らず予防でもって、何年もそのまま維持することが可能です。
      広がってしまったむし歯の場合、削る量を最小限に抑えてできるだけ健康な部分は残します。
    3. できるだけ神経を取らないよう心がけています。
      歯の中心を通っている神経をとってしまうと、歯はドライフラワーのようになり歯の寿命を短くしてしまいます。神経までむし歯が到達してしまうととらざるを得ませんが、その前段階でできるだけ持たせられるよう細心の注意を払ってむし歯の治療を進めるようにしています。
    4. できるだけ歯を抜かない治療を心がけています。
      重度の歯周病の方で他院で諦めてしまった患者さんも当医院は受け入れています。
    5. 義歯にも力を入れています。
      義歯の使用にメリットがある患者さんには、時間をかけてお1人おひとりに合った義歯をお作りしております。体の一部として働く義歯です。食べる楽しみを失うものでは意味がありません。快適に過ごすことができるよう手間ひまを惜しみません。
    6. そうはいっても症状により適切な処置として【歯を削る・神経をとる・歯を抜く】ことを選択せざるを得ないことがあります。そのときは納得するまで説明をしており、同意の下で処置を行っています。

    小さな診療室

    病院の規模が大きくなると、病院の管理が大変になります。

    歯科の診療は、患者さんごとに治療や予防法が違っていて、オーダーメードなものと思っていただければ分かりやすいかもしれません。
    マニュアル化できない仕事なので、いわゆる大量生産・オートメーション化はできません。

    そういう中で、規模を大きくすると、いろいろな面で歯科医師の目が行き届きにくくなり、治療の質が劣ることが予想され、それは避けたいと思っています。

    そのため当医院では小さな規模で、診療室の隅々まで目が届く範囲で診療を行っているのです。


  • 2020年2月
    « 6月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
  • QRコード
PAGE TOP ↑