りょう歯科クリニック

転んで乳歯が抜けたら…!?

公開日: : クリニック日記

先日患者さんのお子さんにタイトルのようなことが起きてしまいました。
残念ながらそれは日曜で当医院は休診でした。
救急で別の歯医者さんでみてもらったようで月曜に当医院に連絡がありましたが、
誠に残念なことに抜けた乳歯は戻せない状態になっていました。

 

もし対処法を知っていたら、最悪の事態を避けられたかもしれない…

そう思うととても残念でなりませんでした。

是非親御さん達にこの対処法を知ってもらいたいと思います。

 

転んで乳歯が抜けたら…落ち着いて次の手順で行動しましょう

①もとの位置にはめてみましょう!

・できるだけ根っこは触らない(根っこの周りの歯根膜という細胞があり、これをいかに生かせるかが大事になってきます!)
・砂や汚れが付いていたら水で数秒洗い流してからはめてみる
②戻せない場合、根っこを乾燥させないように保存しましょう!

・お口の中に入れておく(飲み込まないように歯と唇の間に)
・それが難しい場合、牛乳に漬けておく
(これで数時間は歯根膜の細胞が生かされるといわれています)

③歯医者さんにできるだけ早めに診てもらいましょう!

 

とにかく歯根膜細胞へのダメージを最小限に抑えることが重要なポイントです。
歯根膜は乾燥にとても弱く、お口の外に出てしまうと30分は持たないと言われています。
どうぞご参考ください。

 

 

yun_2313

関連記事

アフリカのお花♪

こんにちは。りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 さて、最近のクリニック、華やかさが少し足りない

記事を読む

自分磨き

先日、平日の夜はビールをやめ0.00%のものにかえました。 私の中では一大決心です 夜の時間を有効に

記事を読む

歯医者さんはなぜ通う回数が多い?

こんにちは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 今回の内容は なぜ、歯医者さんには何回も通わ

記事を読む

2014年を振り返って

今年も残りわずかとなりましたね。2014年は皆様にとってどんな年でしたか? りょう歯科クリニックは

記事を読む

歯を抜く基準

部屋で育てている観葉植物が 新しい芽をたくさんつけてきました♪ 春が近づくにつれ希望が湧いてきます

記事を読む

「小児の歯肉炎・歯周炎」講演を終えて

こんにちは。りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 先日は、機会あって、タイトルの内容で講演会に出

記事を読む

本物?

こんにちは。 りょう歯科クリニック 院長のりょうこです。 ようやく朝晩涼しくなって 秋の気配が感じら

記事を読む

フロスと歯間ブラシの使い分け

こんにちは。 りょう歯科クリニック 院長のりょうこです。 今、当医院の受付に飾られているもの、それは

記事を読む

気分転換

こんばんは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 昨日は久しぶりに自然の中でBBQを堪能してき

記事を読む

失敗しない歯医者さんの選び方②

こんにちは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 さて、歯医者さんを選ぶのに皆さんどうしてい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
お引越し

りょう歯科クリニックのブログはHPの『お知らせ』のページと統合しました

モービル作りました

こんにちは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。

4月5月の診療について

こんにちは♪ 温かいと思えば寒くなったり不安定な天気が多いですね

幼稚園でセミナーをしました

こんにちは、りょう歯科クリニック 衛生士の大嶋です。 先日、地元

21日(祝)は診療しています

りょう歯科クリニックよりお知らせです。 3月21日(祝)は診療を

→もっと見る

  • できるだけ削らない・できるだけ神経をとらない・できるだけ抜かない

    1. 治療と予防が一体となったきめ細やかな治療を行っています。
      どうして歯や歯ぐきが悪くなったのか、を一緒に考え生涯にわたって再発しないようアドバイスをしていきます。
    2. できるだけ削らないように心がけています。
      初期むし歯は削らず予防でもって、何年もそのまま維持することが可能です。
      広がってしまったむし歯の場合、削る量を最小限に抑えてできるだけ健康な部分は残します。
    3. できるだけ神経を取らないよう心がけています。
      歯の中心を通っている神経をとってしまうと、歯はドライフラワーのようになり歯の寿命を短くしてしまいます。神経までむし歯が到達してしまうととらざるを得ませんが、その前段階でできるだけ持たせられるよう細心の注意を払ってむし歯の治療を進めるようにしています。
    4. できるだけ歯を抜かない治療を心がけています。
      重度の歯周病の方で他院で諦めてしまった患者さんも当医院は受け入れています。
    5. 義歯にも力を入れています。
      義歯の使用にメリットがある患者さんには、時間をかけてお1人おひとりに合った義歯をお作りしております。体の一部として働く義歯です。食べる楽しみを失うものでは意味がありません。快適に過ごすことができるよう手間ひまを惜しみません。
    6. そうはいっても症状により適切な処置として【歯を削る・神経をとる・歯を抜く】ことを選択せざるを得ないことがあります。そのときは納得するまで説明をしており、同意の下で処置を行っています。

    小さな診療室

    病院の規模が大きくなると、病院の管理が大変になります。

    歯科の診療は、患者さんごとに治療や予防法が違っていて、オーダーメードなものと思っていただければ分かりやすいかもしれません。
    マニュアル化できない仕事なので、いわゆる大量生産・オートメーション化はできません。

    そういう中で、規模を大きくすると、いろいろな面で歯科医師の目が行き届きにくくなり、治療の質が劣ることが予想され、それは避けたいと思っています。

    そのため当医院では小さな規模で、診療室の隅々まで目が届く範囲で診療を行っているのです。


  • 2019年10月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • QRコード
PAGE TOP ↑