りょう歯科クリニック

視力回復①クリニック探し~手術前

公開日: : クリニック日記

(今回のブログではレーシック手術、ラゼック手術に興味がある方の参考となるよう、また私自身の備忘録として綴ったものです。文中に出てくるクリニックとは一切、関係ありません)

○レーシック手術を受けるクリニック探し

レーシック手術となると、怖いです。
目の手術です。
手術後、痛いのか、どのくらいで見えるようになるほか、仕事はできるのか...
不安なことをあげればきりがありません。
クリニックをどこにするか、とても重要です。
いろいろあるこの不安をなくしてもらわないと受けることはできません。

よく、どうやってクリニックを選んだの?ときかれます。
術後、帰宅するのに電車の乗り降りが大変と聞いていたので、

交通の便がよい新宿で探しました。

その中で

納得いくまで丁寧に説明がある

ということと、

手術にいろいろなコースを選択できる

ということで私が選んだのは
SBC新宿近視クリニック  http://www.sbc-lasik.jp/

でした。

○手術を受けるまでの経過
そのようにして、ここ、と決めましたが、まずは無料の検査を受けて、手術を受けるかは後で決めようと思っていました。

インターネットで探し、そのままホームページからの予約

あらかじめ、検査を午前に受けて、結果に問題なければ午後に手術できます、と電話でお話がありました。

レーシック手術後、3日あれば仕事に復帰しやすいとのことで3連休を利用しての手術を考えての予約でした。

検査当日。

まず問診表を記入し、その後にタブレットを渡され、目の知識・手術についてとその副作用など一通り説明があります。

分からないことがあれば後で専任のカウンセリングの方に詳細を聞くことができます。

それから検査へ。10種類くらいはいろいろと検査を受けました。

その後、カウンセリングの方から結果の説明と手術方法の説明がありました。

結局、私はレーシック手術に耐えうるだけの十分な角膜の厚さが不足することが分かり、

手術を受けることができませんでしたが、

代替手術(ラゼック手術)を紹介してもらい、

その手術日を予約して、その日は終了となりました。

代替手術の方は、仕事に復帰するのに一週間を要するとの説明を受け、

年末年始休暇を利用して受けよう、との決断をしたわけです。

(続く)

術後経過についてはこちら

関連記事

現実的なお話

先日、税理士の先生と「お金」のお話をさせていただきました。 目の前に立ちはだかる大きな壁を見上げたと

記事を読む

受付☆

今、勤めている医院では、 いつも受付に季節のお花が 飾ってあります。 このシクラメンは クリスマス

記事を読む

リスクファインディングとは?

こんにちは。りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 これからの歯科は治療だけでなく予防も大事です。

記事を読む

no image

8月の診療日

梅雨が明け、暑い日が続いていますが体調は崩されていませんか? 8月の診療日のお知らせです。

記事を読む

誕生日♪

先日は誕生日を迎えるスタッフに、 診療終了後にどっきりでケーキを贈りました♪ 本人には気

記事を読む

1歳6ヶ月児健診

こんにちは。りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 本日は暑かったですねこの変化に体がついていって

記事を読む

なんとなく…♪

こんにちは。りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 ここ数日、春の気配を感じませんか?とてもうきう

記事を読む

お買い物の基準

ここ最近、めっきり体重が増え続けているりょう歯科クリニック院長のりょうです 大きな機械や器材を購入す

記事を読む

学会@筑波

こんにちは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 今日は筑波で開催されている 日本歯周病学会に

記事を読む

no image

お引越し

りょう歯科クリニックのブログはHPの『お知らせ』のページと統合しました。 以下のサイトにてどう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
お引越し

りょう歯科クリニックのブログはHPの『お知らせ』のページと統合しました

モービル作りました

こんにちは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。

4月5月の診療について

こんにちは♪ 温かいと思えば寒くなったり不安定な天気が多いですね

幼稚園でセミナーをしました

こんにちは、りょう歯科クリニック 衛生士の大嶋です。 先日、地元

21日(祝)は診療しています

りょう歯科クリニックよりお知らせです。 3月21日(祝)は診療を

→もっと見る

  • できるだけ削らない・できるだけ神経をとらない・できるだけ抜かない

    1. 治療と予防が一体となったきめ細やかな治療を行っています。
      どうして歯や歯ぐきが悪くなったのか、を一緒に考え生涯にわたって再発しないようアドバイスをしていきます。
    2. できるだけ削らないように心がけています。
      初期むし歯は削らず予防でもって、何年もそのまま維持することが可能です。
      広がってしまったむし歯の場合、削る量を最小限に抑えてできるだけ健康な部分は残します。
    3. できるだけ神経を取らないよう心がけています。
      歯の中心を通っている神経をとってしまうと、歯はドライフラワーのようになり歯の寿命を短くしてしまいます。神経までむし歯が到達してしまうととらざるを得ませんが、その前段階でできるだけ持たせられるよう細心の注意を払ってむし歯の治療を進めるようにしています。
    4. できるだけ歯を抜かない治療を心がけています。
      重度の歯周病の方で他院で諦めてしまった患者さんも当医院は受け入れています。
    5. 義歯にも力を入れています。
      義歯の使用にメリットがある患者さんには、時間をかけてお1人おひとりに合った義歯をお作りしております。体の一部として働く義歯です。食べる楽しみを失うものでは意味がありません。快適に過ごすことができるよう手間ひまを惜しみません。
    6. そうはいっても症状により適切な処置として【歯を削る・神経をとる・歯を抜く】ことを選択せざるを得ないことがあります。そのときは納得するまで説明をしており、同意の下で処置を行っています。

    小さな診療室

    病院の規模が大きくなると、病院の管理が大変になります。

    歯科の診療は、患者さんごとに治療や予防法が違っていて、オーダーメードなものと思っていただければ分かりやすいかもしれません。
    マニュアル化できない仕事なので、いわゆる大量生産・オートメーション化はできません。

    そういう中で、規模を大きくすると、いろいろな面で歯科医師の目が行き届きにくくなり、治療の質が劣ることが予想され、それは避けたいと思っています。

    そのため当医院では小さな規模で、診療室の隅々まで目が届く範囲で診療を行っているのです。


  • 2020年9月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • QRコード
PAGE TOP ↑