りょう歯科クリニック

歯医者さんが行く歯医者さん

公開日: : クリニック日記

こんにちは。
りょう歯科クリニック 院長のりょうこです。
新年明けて早々、お恥ずかしながら、
5年くらい前に治療を受けた前歯の詰め物が外れそうになってしまいました。
糸ようじをしていたら、詰め物がズレることに気づいたのです。
早速、お世話になっている先生に連絡しました。
この先生とは4年前からのお付き合いです。
歯医者さんが行く歯医者さん、
どんな歯医者さんか気になりませんか?
私はこの先生と出会って歯医者としての生き方が変わった
と言ってもいいくらい、尊敬している方です。
診療に対してとても真摯で、お話をするといつも勉強になることだらけです。
今日、自分の診療所が終わってすぐに先生の医院へ向かいました。
木、日曜日が休診なのは同じなので、診療を受けるには、最終予約を入れてもらわなければいけません。
予約は2週待ち、と言われていましたが、2日前に連絡したとき、ちょうどその時間たまたま空いててすぐに予約を入れてもらえました。
うちの医院からは電車で20分くらい、乗り換えもあります。
比較的遠いですが、この素敵な歯医者さんにこの時間で行けるのはとてもありがたいです。
予約時間ギリギリに到着。
いつものように受付の方が笑顔で出迎えてくれました。
すぐに診療室へ。
痛いのが苦手なので、始めに頼んで麻酔をしてもらい、麻酔が効くまで他にむし歯など問題ないかチェック。
そして麻酔が効いてきたころ、外れかけていた詰め物を削って外してもらい、
むし歯が広がっていないことを確認し新しく詰めていただきました。
もちろん全てマイクロスコープ下で、です。
外れかけていた詰め物に気づいてからの不安が、30分の診療で全て一掃しました。
あらためて歯医者さんの仕事の素晴らしさを身をもって体験しました!
佃先生、ありがとうございましたニコニコ

photo:01

パール歯科にて http://www.pearl.dr-clinic.jp/index2.html
お会いするたび会話の中でいつも勉強になることが沢山出てきますが、今回は歯の模型について教わりました!
これ、なんだか分かりますか?

photo:02



歯の中に通っている神経が透けて見えて、治療の練習ができるというもの。
何がすごいかというと、本物の歯では分からない根の中の様子が分かる、治療器具が中でどういう動きをするかが分かる、そして確実性のある効率的な治療手技を身につけるためのトレーニングができるのです。
早速購入です!

関連記事

歯周病ってどんな病気?

こんにちは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。近所でも紅葉が始まっています。 今回は歯周病の

記事を読む

歯周病の治療?プロローグ

こんにちは。りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 春本番ですねうきうきします。 さて、今日は歯

記事を読む

インプラント

今日の多摩は雪が予想以上に多く積もっています。転ばないように急がずゆっくり歩いていたら、おばあちゃん

記事を読む

本番までの緊張感がここちよい

こんにちは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 今回は歯とまったく関係ないお話ですが...

記事を読む

活力の素

こんばんは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 昨日は仕事の後、ちょっと癒しを求めて熱帯魚を

記事を読む

受付☆

今、勤めている医院では、 いつも受付に季節のお花が 飾ってあります。 このシクラメンは クリスマス

記事を読む

シェー!?

こんにちは。 りょう歯科クリニック 院長 りょうこです。 りょう歯科クリニックのブログにお越しいただ

記事を読む

小さな発見

こんにちは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 最近は草木の成長が早いもので、 花壇にも雑草

記事を読む

現実的なお話

先日、税理士の先生と「お金」のお話をさせていただきました。 目の前に立ちはだかる大きな壁を見上げたと

記事を読む

アクシデントから学ぶ

りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 今日は早起きをして近所を散歩しました。道中、公園で行われて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
お引越し

りょう歯科クリニックのブログはHPの『お知らせ』のページと統合しました

モービル作りました

こんにちは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。

4月5月の診療について

こんにちは♪ 温かいと思えば寒くなったり不安定な天気が多いですね

幼稚園でセミナーをしました

こんにちは、りょう歯科クリニック 衛生士の大嶋です。 先日、地元

21日(祝)は診療しています

りょう歯科クリニックよりお知らせです。 3月21日(祝)は診療を

→もっと見る

  • できるだけ削らない・できるだけ神経をとらない・できるだけ抜かない

    1. 治療と予防が一体となったきめ細やかな治療を行っています。
      どうして歯や歯ぐきが悪くなったのか、を一緒に考え生涯にわたって再発しないようアドバイスをしていきます。
    2. できるだけ削らないように心がけています。
      初期むし歯は削らず予防でもって、何年もそのまま維持することが可能です。
      広がってしまったむし歯の場合、削る量を最小限に抑えてできるだけ健康な部分は残します。
    3. できるだけ神経を取らないよう心がけています。
      歯の中心を通っている神経をとってしまうと、歯はドライフラワーのようになり歯の寿命を短くしてしまいます。神経までむし歯が到達してしまうととらざるを得ませんが、その前段階でできるだけ持たせられるよう細心の注意を払ってむし歯の治療を進めるようにしています。
    4. できるだけ歯を抜かない治療を心がけています。
      重度の歯周病の方で他院で諦めてしまった患者さんも当医院は受け入れています。
    5. 義歯にも力を入れています。
      義歯の使用にメリットがある患者さんには、時間をかけてお1人おひとりに合った義歯をお作りしております。体の一部として働く義歯です。食べる楽しみを失うものでは意味がありません。快適に過ごすことができるよう手間ひまを惜しみません。
    6. そうはいっても症状により適切な処置として【歯を削る・神経をとる・歯を抜く】ことを選択せざるを得ないことがあります。そのときは納得するまで説明をしており、同意の下で処置を行っています。

    小さな診療室

    病院の規模が大きくなると、病院の管理が大変になります。

    歯科の診療は、患者さんごとに治療や予防法が違っていて、オーダーメードなものと思っていただければ分かりやすいかもしれません。
    マニュアル化できない仕事なので、いわゆる大量生産・オートメーション化はできません。

    そういう中で、規模を大きくすると、いろいろな面で歯科医師の目が行き届きにくくなり、治療の質が劣ることが予想され、それは避けたいと思っています。

    そのため当医院では小さな規模で、診療室の隅々まで目が届く範囲で診療を行っているのです。


  • 2020年11月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • QRコード
PAGE TOP ↑