りょう歯科クリニック

いればのよさ

公開日: : クリニック日記

こんにちは。

りょう歯科クリニック 院長のりょうこです。

ブログを更新しない間にずいぶんと春めいてきましたね。

今日は「入れ歯」のお話をしたいと思います。

入れ歯 = 義歯  です。

大事な歯を残念ながら失ってしまった後、そのままでは

お話がしにくかったり

お食事がしにくかったり

ということがあります。

逆に特に支障はない場合もあります。

失ってしまった歯を補う治療のひとつに、「義歯を入れる」という選択以外には、

・ブリッジ(両隣の歯を削ってつながった被せ物を入れることで欠損部を補う治療法)

・インプラント(骨に人口歯根を植えてその上に被せ物を入れる治療法)

・歯の移植(親知らずを植え替える治療法)

などがあります。

義歯を選択する場合、

・残っている歯の状態 → ばねがかけられるだけ健康な歯かどうか

・なくなってしまった部分の状態

 →補う歯の数が少なければブリッジという選択肢もあり

 →補う歯の数が多ければ義歯の可能性が高くなる

 →粘膜、骨の状態から義歯が適合しにくさの予測

などを考慮します。

義歯の長所・欠点を挙げてみます。

長所

 健康な歯を削る量は最小限ですむ(ブリッジは健康な歯の削る量が多い)

短所

 取り外しをするわずらわしさがある

 慣れるまでに時間がかかる(個人差があります)

 自分の歯と同じように噛み切れないことがある

このようにみると、欠点だらけのように思われますが、

もともと義歯は人の体にとっては異物。

それを上手に使えるかどうか、ある程度の訓練と慣れが必要です。

一番の長所である、

歯をほとんど削らずにすむ

は、とてもメリットが大きいことです。

たとえばブリッジと義歯、どちらにしようか迷われたら

一度義歯を作ってみてもよいと思います。

ブリッジはたくさん歯を削る必要があります。

削ってしまった歯の部分は、もう二度と元に戻らないのですから。

それで、一度使ってみて、やっぱり合わない、と分かった時点で他の治療法に変えてもよいと思います。

義歯は敬遠されがちですが、

生体にとって一番優しい治療である義歯のよさを考え直してもよいと思いますニコニコ

関連記事

フロスの間違った解釈

こんにちは。りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 患者さんと歯磨きのお話をすると、よくこんな質問

記事を読む

機器搬入

こんにちは。 りょう歯科クリニック 院長のりょうこです。 5月に入りましたね 開業まであと一ヵ月です

記事を読む

リスクファインディングとは?

こんにちは。りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 これからの歯科は治療だけでなく予防も大事です。

記事を読む

まめ知識その4~乳歯がはえそろった3歳から歯の生えかわり時期(交換期)の歯磨きの仕方

こんにちは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 今回は、乳歯がはえそろってから、そして大人の

記事を読む

歯医者さんでのX線Q&A

こんにちは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 最近風邪をひかれる方が多いので、十分お体を暖

記事を読む

連凧揚げ

こんにちは。りょう歯科クリニック 院長のりょうこです。GWが明けて今日から通常の診療が始まりました。

記事を読む

仮の看板?

こんにちは。 はやりにのって風邪をひいてしまった りょう歯科クリニック院長のりょうこです だいぶ治っ

記事を読む

工事始まりました!

こんにちは。りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 今日は寒い雨ですが、 ここ数日のうちに春がどん

記事を読む

しばらくぶりの旅行

こんにちは。 しばらくお休みしていました。 ここ数日間は日本を離れ、 大自然の中に身を置き、 リフレ

記事を読む

花束♪

こんにちは。りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 昨日は東北では雪が積もったとか。そんな寒さから

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
お引越し

りょう歯科クリニックのブログはHPの『お知らせ』のページと統合しました

モービル作りました

こんにちは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。

4月5月の診療について

こんにちは♪ 温かいと思えば寒くなったり不安定な天気が多いですね

幼稚園でセミナーをしました

こんにちは、りょう歯科クリニック 衛生士の大嶋です。 先日、地元

21日(祝)は診療しています

りょう歯科クリニックよりお知らせです。 3月21日(祝)は診療を

→もっと見る

  • できるだけ削らない・できるだけ神経をとらない・できるだけ抜かない

    1. 治療と予防が一体となったきめ細やかな治療を行っています。
      どうして歯や歯ぐきが悪くなったのか、を一緒に考え生涯にわたって再発しないようアドバイスをしていきます。
    2. できるだけ削らないように心がけています。
      初期むし歯は削らず予防でもって、何年もそのまま維持することが可能です。
      広がってしまったむし歯の場合、削る量を最小限に抑えてできるだけ健康な部分は残します。
    3. できるだけ神経を取らないよう心がけています。
      歯の中心を通っている神経をとってしまうと、歯はドライフラワーのようになり歯の寿命を短くしてしまいます。神経までむし歯が到達してしまうととらざるを得ませんが、その前段階でできるだけ持たせられるよう細心の注意を払ってむし歯の治療を進めるようにしています。
    4. できるだけ歯を抜かない治療を心がけています。
      重度の歯周病の方で他院で諦めてしまった患者さんも当医院は受け入れています。
    5. 義歯にも力を入れています。
      義歯の使用にメリットがある患者さんには、時間をかけてお1人おひとりに合った義歯をお作りしております。体の一部として働く義歯です。食べる楽しみを失うものでは意味がありません。快適に過ごすことができるよう手間ひまを惜しみません。
    6. そうはいっても症状により適切な処置として【歯を削る・神経をとる・歯を抜く】ことを選択せざるを得ないことがあります。そのときは納得するまで説明をしており、同意の下で処置を行っています。

    小さな診療室

    病院の規模が大きくなると、病院の管理が大変になります。

    歯科の診療は、患者さんごとに治療や予防法が違っていて、オーダーメードなものと思っていただければ分かりやすいかもしれません。
    マニュアル化できない仕事なので、いわゆる大量生産・オートメーション化はできません。

    そういう中で、規模を大きくすると、いろいろな面で歯科医師の目が行き届きにくくなり、治療の質が劣ることが予想され、それは避けたいと思っています。

    そのため当医院では小さな規模で、診療室の隅々まで目が届く範囲で診療を行っているのです。


  • 2020年11月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • QRコード
PAGE TOP ↑