りょう歯科クリニック

老後の医療費は下げられる!

公開日: : クリニック日記

こんにちは。
りょう歯科クリニック院長のりょうこです。
皆さん、
生涯医療費って聞いたことありますか?

厚労省によると

仮に、年齢階級別1人当たり国民医療費及び年齢階級別死亡率が当該年度から変化しないとした場合に、

1人の人が生涯で必要となる平均医療費がどの程度か 

を推計したものです。

以前に


「生涯医療費」は歯の健康がカギ。定期ケアをする人ほど低い傾向に。

という記事を読む機会がありました。

概要は以下の通りです。

歯の定期検診を受け、きちんとケアをすると、年間の総医療費が低くなる傾向にあることが、トヨタ関連部品健康保険組合(豊田市)と豊田加茂歯科医師会の共同調査で分かった。

検証によれば、歯科の定期検診を受けている人は、48歳までは総医療費が定期検診費用で年2万ほどプラスされて平均より高いが、49歳を過ぎると平均を下回る結果に。

歯の健康と密接な関係がある生活習慣病などのリスクが下がることも要因の一つと考えられる。

さらに65歳を過ぎると総医療費平均が35万円に対し、定期受診の人は20万円以下とその差がだんだん広がっていく。

組合は「歯が悪いと食事が偏ったり、歯並びが悪くなったりする。

それが糖尿病や肩凝り、骨粗しょう症などを招き、体全体の健康に影響を与える」と分析。

歯が健康であれば医療費も下がり、歯科の費用を含めても「生涯医療費」が低くなると結論づけた。

歯の寿命をのばすことは、健康で明るく元気に過ごせる健康寿命をのばすことにつながる。

平均寿命が延びる日本においては、歯と全身の健康のこの深い関わりに、もっと関心を高めていきたいところだ。

歯は健康の窓口であることを意識し、より効果的な定期ケアを実践していきたい。

(Dentalism No9より)

私はこの記事にとても感動したのを覚えています。

歯医者さんは歯を治すだけではなく、健康で明るく暮らすために支える職業だと。

もっともっと皆さんのお役に立てられるよう、

お口と体の関係についてたくさん皆さんにお伝えしていきたいと思います。

関連記事

内覧会 最終日

おはようございます りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 近所ではあじさいが咲き始めました さ

記事を読む

久しぶりの新潟

こんにちは。りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 この間、久しぶりに母校、新潟大学のある新潟へ行

記事を読む

『保険外診療』とは①

こんにちは。りょう歯科クリニック 院長のりょうこです。 多摩地域で配布されている「もしもし新聞」に載

記事を読む

歯周病の治療?軽度歯周病編

こんにちは。りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 今日は軽度歯周病の治療についてです。 歯周病の

記事を読む

看板について

こんにちは。りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 5センチくらい髪の毛を切ってもらって、 すっき

記事を読む

注射が痛くなくなる!?

こんにちは、りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 年末に向けて忙しくなる時期ですが、体調を崩さぬ

記事を読む

フロスの間違った解釈

こんにちは。りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 患者さんと歯磨きのお話をすると、よくこんな質問

記事を読む

昨日は1日セミナー☆

ようやく風邪が治りかけて、あとは春が来るのが待ち遠しいわ 今日は寒かったですが、そんなすがすがしい1

記事を読む

「小児の歯肉炎・歯周炎」講演を終えて

こんにちは。りょう歯科クリニック院長のりょうこです。 先日は、機会あって、タイトルの内容で講演会に出

記事を読む

no image

視力回復②術後経過

(今回のブログではレーシック手術、ラゼック手術に興味がある方の参考となるよう、また私自身の備忘録とし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
お引越し

りょう歯科クリニックのブログはHPの『お知らせ』のページと統合しました

モービル作りました

こんにちは。 りょう歯科クリニック院長のりょうこです。

4月5月の診療について

こんにちは♪ 温かいと思えば寒くなったり不安定な天気が多いですね

幼稚園でセミナーをしました

こんにちは、りょう歯科クリニック 衛生士の大嶋です。 先日、地元

21日(祝)は診療しています

りょう歯科クリニックよりお知らせです。 3月21日(祝)は診療を

→もっと見る

  • できるだけ削らない・できるだけ神経をとらない・できるだけ抜かない

    1. 治療と予防が一体となったきめ細やかな治療を行っています。
      どうして歯や歯ぐきが悪くなったのか、を一緒に考え生涯にわたって再発しないようアドバイスをしていきます。
    2. できるだけ削らないように心がけています。
      初期むし歯は削らず予防でもって、何年もそのまま維持することが可能です。
      広がってしまったむし歯の場合、削る量を最小限に抑えてできるだけ健康な部分は残します。
    3. できるだけ神経を取らないよう心がけています。
      歯の中心を通っている神経をとってしまうと、歯はドライフラワーのようになり歯の寿命を短くしてしまいます。神経までむし歯が到達してしまうととらざるを得ませんが、その前段階でできるだけ持たせられるよう細心の注意を払ってむし歯の治療を進めるようにしています。
    4. できるだけ歯を抜かない治療を心がけています。
      重度の歯周病の方で他院で諦めてしまった患者さんも当医院は受け入れています。
    5. 義歯にも力を入れています。
      義歯の使用にメリットがある患者さんには、時間をかけてお1人おひとりに合った義歯をお作りしております。体の一部として働く義歯です。食べる楽しみを失うものでは意味がありません。快適に過ごすことができるよう手間ひまを惜しみません。
    6. そうはいっても症状により適切な処置として【歯を削る・神経をとる・歯を抜く】ことを選択せざるを得ないことがあります。そのときは納得するまで説明をしており、同意の下で処置を行っています。

    小さな診療室

    病院の規模が大きくなると、病院の管理が大変になります。

    歯科の診療は、患者さんごとに治療や予防法が違っていて、オーダーメードなものと思っていただければ分かりやすいかもしれません。
    マニュアル化できない仕事なので、いわゆる大量生産・オートメーション化はできません。

    そういう中で、規模を大きくすると、いろいろな面で歯科医師の目が行き届きにくくなり、治療の質が劣ることが予想され、それは避けたいと思っています。

    そのため当医院では小さな規模で、診療室の隅々まで目が届く範囲で診療を行っているのです。


  • 2020年9月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • QRコード
PAGE TOP ↑